オンラインユーザー7人
浦添市立小中学校以外からはご利用できません。
市立小中学校以外からは利用できません。

沖縄県 学力向上Web
市立小中学校以外からは利用できません。

浦添市図書館総合蔵書検索システム


学校紹介【校長あいさつ】

3月末に完成したばかりのピカピカで明るい体育館で、4月8日に新任式・始業式を行い、新年度がスタートしました。翌9日に一年生154名を迎え入学式を行いました、
今年度は学級数35学級、児童数969名となりました。
本校は、東に伊祖城跡の麓、西に市内唯一の自然海岸「カーミージー」を擁し、校区内には高層マンションが数多く建ち並ぶ住宅街に位置しています。校区は、港川、港川崎原、緑ヶ丘、伊祖、浦城の5自治会を擁し、各自治会との連携を図り地域の方から多くの支援を頂いています。一見すると都会の中の学校で、地域とのつながりが希薄に見えるかもしれませんが、平和学習やカーミージー学習等の様々な地域学習があります。平和学習では地域に出かけ当時の話を伺ったり、地域探検で史跡の案内役をしていただいたり、低学年は各自治会を訪問して交流会を行ったりと様々な学習を通して、地域を知り、地域との結びつきを実感できる学習を多く行っています。地域素材・人材を活用した体験学習等を通して、地域学習の充実を図り、児童が地元地域へ自信と誇りが持てるよう取り組みを推進する次世代への架け橋となる子ども達に港川小学校の出身者として、自信と地域への誇りを持てる子ども達を育んでいきます。
本校のめざす児童像は「 深く学び 心豊かで、仲良く遊ぶ港川っ子」です。この中で、深く学びを「友だちと学びあえる子」と捉えています。子ども達が自ら学び探求する環境・授業づくりが求められます。そのため全学級で、基本的な学習の展開を揃え、チャイム黙想と授業スタート。無言挙手、教室の移動のマナーなど学習規律や生活の決まりについて全校体制で継続指導していきます。
それらを踏まえて重点目標は次の3つとしました。
<本年度の重点目標>
 (1)学習規律を徹底して日常的な授業改善を推進し、確かな学力を確実に身に付ける。
 (2)自他の生命を尊重し、互いに認め合う人的関係を基盤とした人権教育を推進する。
 (3)地域素材・人材を活用した体験学習等を通して、地域学習の充実を図り、児童が地元地域へ自信と誇りが持てるよう取り組みを推進する。

今年度校内研究テーマは、自ら学び主体的に探求する児童の育成と継続しました。サブテーマを算数科における問いが生まれる授業づくりとして、教科を絞り込んで取り組みます。
また、職員及び保護者の方から指摘されたあいさつに関して「当たり前のことが、当たり前にできる」凡事徹底として、継続して取り組むこととしました。小さな積み重ねが大きな成果を生みだすために継続実践することで、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を育むことにつながるよう全職員で努めてまいります。
地域学習では、これまで保護者の皆様や地域の方々の連携・協力のもと実施してきました。大変充実した内容であり本校の伝統となっています。これらをしっかり継承していきたいと思います。
今年度も保護者の方や地域・関係者の方々のご理解・ご支援を賜り、関係者が連携して子どもたちの健やかな成長を培って参りましょう。
                                        平成31年4月
                                    浦添市立港川小学校
                                              校長 松岡 泰成