URLが登録されていません。


 

          
               

            前田小学校は、17のSDGs(  持続可能な開発目標  ) をもとに  
            ESD (持続可能な開発のための教育) の活動に取り組んでいます。
            現在 ユネスコスクール申請中(チャレンジ期間中)です。

 
オンラインユーザー7人
浦添市立小中学校以外からはご利用できません。
市立小中学校以外からは利用できません。

沖縄県 学力向上Web
市立小中学校以外からは利用できません。

浦添市図書館総合蔵書検索システム

 
学校長あいさつ

一人一人が根を太く張り、輝く大樹となれ!



 学校は子どもたちにとっては「行きたい学校」、保護者や地域の皆様にとっては子どもを「あずけたい学校」、そこに働く私たち教職員にとっては「勤めたい学校」でなければならないと思っております。子どもたちを中心として、われわれ教職員が、家庭・地域の皆さんと共に、明るく前向きに智恵を出し合い、協力して教育活動を展開していけば、きっとこんな学校にできると考えています。


 そのために、チルドレンファースト「子どもを第一に・子どものために・子どもと共に」を合い言葉に目指す子どもの姿を「自然、郷土を愛し世界へ羽ばたく子」「ねばり強く最後までやりぬく子」「思いやりのある心豊かな子」「体をきたえたくましい子」とし、知・徳・体のバランスのとれた子どもの育成を目指していきます。

 

 本校は、北西に東シナ海が一望できる小高い丘陵地にあり、緑豊かな環境にあります。校地内には大きな教材園もあります。また、地域には伝統文化として前田棒、歴史遺産として浦添城址やワカリジー、玉城朝勲の墓や沖縄国際センターがあります。


 この環境を最大限に生かし、人や地域、環境とのつながりをもちながら、地域学習、環境教育、国際理解教育、平和人権教育などの活動を積極的に行い、「自然、郷土を愛し世界へ羽ばたく子」の育成をめざします。


「ねばり強く最後までやりぬく子」については、自ら進んで学ぶ、意欲をもって学習にのぞむことができるように、わかる授業を進め、どの子にもできたという喜びを味わわせます。


「思いやりのある心豊かな子」については、まず、立ち止まってしっかりと明るい挨拶ができることから始めています。


「体をきたえたくましい子」については、外で元気よく遊び、てくてく登校できる体力と粘りづよくがんばる気力の大切さを学ばせたいと考えています。



 子ども達は、生命力あふれる若い芽です。その芽が成長し、やがて樹となり、巨木となるように、根を深くしっかりと張らせることが小学校教育の役目です。教職員が一丸となり、教育活動に邁進していきます。子どもたち、保護者、地域、教職員のみんなが互いを思いやり、力を合わせてすばらしい学校にしていきましょう。家庭や地域の皆さんのお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

                                                                              校長 柴 二三夫