沖縄県 浦添市立 浦添中学校ホームページ


H301/21に70周年記念式典・祝賀会を無事終えました。
ご協力いただいたみなさま、当日ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました。
70周年記念事業ブログhttp://urasoecyu70.ti-da.net

絵文字:晴れ浦添中PTAのブログを開設しました。→http://urasoecyupta.ti-da.net

オンラインユーザー5人

学校用メールシステム(roundcube)
ID・Passはアイポで使用しているものです


浦添市立小中学校以外からはご利用できません。
市立小中学校以外からは利用できません。

沖縄県 学力向上Web
市立小中学校以外からは利用できません。


図書館だより
図書館だより[根記事一覧]
12

☆教頭☆2015/03/12 22:20:52(1票)

本日はジャンルの異なる3冊を紹介します。
「人生を変える」とまでは行きませんが刺激になる本です。


昔は体が大きくて動きが遅いイメージだった恐竜も研究が進むにつれ敏捷に動き、温血動物だった。
さらに最近は、羽毛が生えている痕跡まである化石まで発見されています。
ちなみにこの本は現在の恐竜学の世界で日本人が中心になって取り組んでいる内容が書かれています。
南米や中国、果ては南極の話まで、「恐竜が好き」「将来、恐竜の研究がしたい」という方は是非、読んで欲しいです。
続編の「Ⅱ」が出版されるのが楽しみです。岩波ジュニア新書なので中高生向けの本です。


映画化された原作になります。
都会で携帯、パソコンにどっぷりつかった青年がその全く反対の世界へいきなり放り込まれる話です。
あっという間に読める2冊です。
林業という仕事の一部に触れることができます。
この世界なりの楽しさを誰かと共有して話し合いたいです。


ドキュメンタリーです。
授業料無料の全寮制の農業学校が舞台です。
かなり厳しい中で寮生たちが鍛えられていく様子が感じられます。
農業の苦労とやりがいを感じることのできる1冊です。
個人的には乗船実習で過ごした船上の40日間を思い出しました。
☆教頭☆2015/02/25 18:20:02(0票)

本日は優しい気持ちになれる本を3冊紹介します。


「犬部」北里大学のサークル活動を中心にえがかれています。
動物保護活動、捨て犬、猫を保護したり新しい飼い主を仲介したりのお話が中心ですがペットについて考える良い切っ掛けになると思います。
動物を飼う責任、自分の愛情は独りよがりじゃないか、考えさせられます。


「きみの友だち」中学生にお勧めです。
いじめや友情について考えさせられます。
あなたにとって大切な人は誰ですか?そしてその人を大切にしていますか?


「クワガタクワジ物語」この本は「昆虫好きな人は必ず読んでいる!」と言われている本です。
クワガタムシの飼育等については内容が少し古くなっていますが思いやりにあふれた主人公の気持ちが良く伝わってきます。
ちなみにクワジはコクワガタで沖縄にいるものとは別種です。
ミクラミヤマクワガタというマニアックな種類も登場します。
☆教頭☆2015/02/17 18:30:52(0票)


中南米の熱帯雨林の生物に関する研究について書かれています。
植物が身を守るために頑張っていることやグンタイアリとその周辺の生物などについての短めのエピソードが書かれています。
面白いです。生き物と理科の好きな人には特におすすめです。


この表紙ですが物語ではありません。
オオカミについて詳しく書かれています。
読めばオオカミが好きになるかもしれません。
沖縄こどもの国に以前はオオカミがいたのですが・・・
オオカミを見に行きたくなります。Q&Aが個人的には最高に面白いです。


動物を好きな人、好きになりたい人にはおすすめできません。
ドキュメンタリーですが、本当に怖いです。
読み終わるまで眠れませんでした。一気に読むことをおすすめします。
こんな村に住んでいない自分の幸せを感じるべきですね。
☆教頭☆2015/02/01 10:11:27(1票)

浦添中学校の本棚よりたくさんあるお薦めの本の中から1冊づつ時折、紹介したいと思います。



「世界一やさしい問題解決の授業」
校長先生のお薦めの本です。
皆さんは何かに挑戦したときに問題にぶつかったらどうしていますか?
先日、ある先生が「鉛筆で書いてください。」と指示を出したところ困った顔をして何もせず、
「どうしたの?」と聞かれ「シャープペンしか持っていません。」と答えた生徒がいたそうです。
成長しない人はいないとして、月に1%の進歩で3年後には「100→243」、同じく10%なら「100→3191」の成長が・・・といったことが書いてあります。
問題を分析して解決する方法を手に入れれば、勉強にも生活にも効果大です。
自分で考えて行動することの大切さを考えてみましょう。



「女子中学生の小さな大発見」
授業でも紹介したのですが素朴な疑問に中学生が挑戦し様々な答えを見つけ出しています。
表紙にも書いてありますが発想とその結論が本当に楽しいです。
何でも「当たり前」と思わないで日常の中にある疑問に気付くことの大切さを実感することができます。
「気付く」ことは実は「進歩」の第一歩です。
12