所長あいさつ


所長あいさつ

   浦添市立教育研究所ホームページにアクセスくださりありがとうございます。

 

 浦添市立教育研究所は,本市教育委員会の組織の一つとして、教育に関する調査研究や教職員の研修等、教育の改善・充実・発展を推進すべく昭和63年4月1日に浦添小学校舎内に開設されました。その後、多くの方々のご要望とご努力により、現在は浦添小学校奥の静かな場所に設立されています(平成26年3月26日)。これまで研究や研修等多くの事業が展開されてきており、本市教育の発展に与えた影響や役割は多大なものがあったと考えています。

本年度も本市教職員の資質や指導力向上に資するために次の4つの事業を掲げています。

1 教職員の資質向上を図る研修・講座の実施

2 情報教育の推進,教育情報の提供

3 学力や心理検査等の調査実施と活用促進

4 研究物の収集・刊行,教育図書等の貸出等の提供

 「研修・講座の実施」においては、今年度も長期研究員3名(幼・小・中各1名:半年)と特別研究員2名(こども青少年課へ配置:1年)が入所し、研修することになっています。また、短期研修としては夏期講座(主に国語、算数・数学、道徳、特活、保育、ICT活用等)を実施することになっています。

「情報教育の推進」においては、「浦添市教育情報化推進計画(H29~R3年度)」に基づいて情報モラル教育の充実や児童生徒の主体性を生かすソフトの導入、ICT機器の安心・安全な活用などに取り組み、ICTを活用した授業実践の研修等に努めています。

特に、本年度から文科省のギガスクール構想により、児童生徒一人1台ずつのタブレット端末が活用できるようになり、学級において常に電子黒板との双方向的な学習が可能となりました。当研究所においては、ICT機器が常に活用できるよう環境整備を進めると同時に、機器の良さをいかした「協働的な学び」や「個別最適な学び」の授業実践ができるように研修会や講座等を開催し、多くの教職員の情報活用能力を高めていきたいと考えています。 

「学力等の調査実施」においては、標準学力調査や児童生徒質問紙調査(iチェック)を実施し、学校・学級や児童生徒の実態把握とともに児童生徒理解及び個に対応した指導等に活用できるように取り組んでいます。

図書室では,年々教育関係の図書,資料等が充実してきております。教職員や市民ならどなたでも活用することができます。お気軽に足を運ぶことができるように図書室を1階に設置しております。最新の教育情報が得られます。どうぞご活用下さい。

 今後とも、学校と双方向で「一人一人の子どもの個性や能力に応じたきめ細やかな教育の展開」を目指し,「教えるプロとしての教員の資質向上」等、学校を支援する教育研究所を目指す所存です。

 関係各位のご指導、ご協力よろしくお願いいたします。

令和3年度 

浦添市立教育研究所  所長 田中浩三