ICT支援員巡回予定表

28(日)
 
29(月)
 
30(火)
 
31(水)
 
1(木)
 
2(金)
 
3(土)
 
4(日)
 
5(月)
 
6(火)
 
7(水)
 
8(木)
 
9(金)
 
10(土)
 
11(日)
建国記念の日
12(月)
(振替休日)
13(火)
 
14(水)
 
15(木)
 
16(金)
 
17(土)
 
18(日)
 
19(月)
 
20(火)
 
21(水)
 
22(木)
 
23(金)
天皇誕生日
24(土)
 
25(日)
 
26(月)
 
27(火)
 
28(水)
 
29(木)
 
1(金)
 
2(土)
 
  • パブリック
★ICT支援員★

ICT支援員からの情報を掲載します。

スモウルビー 3.0に実装されたMeshのご紹介

★スモウルビーとは

Scratchを改良して作られたもので、Scratchとの互換性があります。
Scratchのプログラムはスモウルビーでも動かせるし、スモウルビーのプログラムはスクラッチでも動かせる事ができます。もちろんスモウルビーも無料で使えます。
Scratch3.0と同様にWeb版なのでブラウザからプログラミングすることができます。
スモウルビー https://smalruby.app/

 

★Meshについて(Meshは、ほかのパソコンで動いているスモウルビーと通信を行う機能です。)
スモウルビーはScratch1.4で実装されていたMeshと同じような機能実装しています。
この機能を利用して中学校の技術科
D(2) ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」の授業を行うことができます。

①クリックして

 

②メッシュを選択。

③「接続」を選択してメッシュのホストを作成します(先生で行う)


④ 先程と同じURLにアクセスし(URLをコピーして別のタブ、ウインドウorパソコンでアクセスしましょう。)
 下の方の「メッシュに参加する」を選ぶ。
 これでメッシュを使用した通信の準備が完了。この状態でサンプルプログラムを作成していきます。

※ホストが切断すると、参加している全てのスモウルビーがメッシュから切断されます。