ICTダイアリー

ひらめき 学校用 iPad mini の基本操作 【iOS7 対応】


  学校用 iPad mini の基本操作について箇条書で掲載します。

   学校用 iPad mini は、学校での使い勝手を考えて、教育研究所で初期設定を行っているので、個人所有の iPad / iPad mini では掲載内容と違う場合もあります。   学校用 iPad mini の使い方に合わせたいという方は、学校用 iPad mini の設定を参考に、設定変更して下さい。(2013/07/22 記事掲載
※iOS7 の内容を追加しました。
【電源オン】 スリープ/スリープ解除ボタンを押す
   学校用 iPad mini は、通常、電源オンの状態で、カバーを開くことでスリープ解除します。

【電源オフ】 スリープ/スリープ解除ボタンを長押し → 画面上部に表示される「矢印」アイコンをスライド
   学校用 iPad mini は、通常、電源オフせずにカバーを閉じてスリープで終了します。大事なプレゼンの前に電源オフ→電源オンを行い、   メモリー開放する場合に使用します。

【iPad mini の再起動】 スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを長押し
   通常、行うことのない操作ですが、学校用 iPad mini が操作不能となった場合に必要な操作です。再起動には数分かかります。

【アプリの起動】 アプリアイコンをタップ

【複数アプリの切り替え】 4本指で左右にフリック

【アプリの一時休止・再開】 5本指でピンチインすると休止、4本指でホーム画面を引き上げ、アプリをタップすると再開

【アプリの終了】 4本指でホーム画面を引き上げてマルチタスクバーに表示されたアプリを長押しし、×印をタップ
【アプリの終了(iOS7)】 4本指でホーム画面を引き上げて上にフリックする (2つまたは3つ同時に削除することもできます。)
中指ではじくように上にフリックするとアプリが終了します。 3本の指でフリックすると同時に3つのアプリが終了。
※アプリが休止状態で多数起動されていると、動作が不安定となる場合があります。使い終わったアプリはこまめに終了することをお勧めします。

【アプリの削除】 ホーム画面でアプリを長押しし、×印をタップ

【画面を撮影する】 ホームボタンを押した直後にスリープ/スリープ解除ボタンを押す
   画面撮影を多用する方は Assistive Touch の活用をお勧めします。

【カメラアプリで撮影する】シャッターに指を置いてスライドして撮影
【カメラアプリで撮影する(iOS7)】 軽いタップで1枚撮影、長押しで連写、明暗の差がある場所ではHDRオン

【写真・動画の転送(iOS7)】 写真アプリで転送する写真・動画を選び、右上の上矢印マークをタップして送信先をタップ
Wi-Fi または Bluetooth で接続可能なiOS機器を自動で探して写真や動画を簡単に送ることができます。

基本的なタッチ操作について

   タップ : 画面上を軽くたたく動作
   ダブルタップ : 画面上を軽く2回たたく動作
   フリック : 画面上を軽くスライドさせる動作
   ピンチイン : 2本の指の間隔を狭める動作
   ピンチアウト : 2本の指の間隔を開く動作
   ドラッグ : タッチした状態でスライドさせる動作