カウンタ

カウンタ645523
平成28年9月27日~現在
オンラインユーザー1人
浦添市立小中学校以外からはご利用できません。
市立小中学校以外からは利用できません。

沖縄県 学力向上Web
市立小中学校以外からは利用できません。



   小学生用  中学生用  教師用  ICT活用  素材  教材作成  教材作成ヒント
  『無料』教材 提供サイト紹介  ・・・ICT活用の入り口として 『無料』 教材をお試し下さい。

絵文字:メール AIPO【新メールシステム】マニュアル.pdf   

検索

神森中ダイアリー Kamimori Junior High School
学校の近況やお知らせを掲載します。
12345
2018/06/14new

信頼のある学級

固定リンク | by:☆教頭☆
信頼関係ができている授業

6月13日に1年2組担任の前川先生の理科の授業が、1年2組でありました。

「チャイムと同時に始まる授業」は、神森中学校の全てのクラスでできています。小さいことのようですが、とても大事なことです。生徒も先生方も頑張っています。

「教師と生徒との信頼関係ができている」ことがわかる授業でした。
「この学級なら、自分の思っていることが言える(失敗してもいい)」という雰囲気がありました。
「こういう学級で授業ができる先生は、楽しいだろうな」と思えました。

こういう学級ができているので、生徒は主体的(積極的)に発表できるし、ノートはきちんととり、プリント類もノートにきちんと貼っているのだと思いました。

素晴らしい学級作りをしている前川先生に感動しました。学級作りが、授業作りにも大切であることを改めて感じた授業でした。

10:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/12

考える

固定リンク | by:☆教頭☆
3年生の問題が解けた1年生
~考える習慣がついています~

6月8日(金)に1年4組で数学の授業がありました。
指導者は與那覇先生です。

「チャイムと同時に始まる授業」が神森中学校では徹底されています。生徒も先生方も頑張っています。

授業では、「六角形を5個作るのに何本のストローが必要か」の興味をそそる問題が出ました。
先生の「考えてみて」の言葉で、ほぼ全員が考えたはじめました。難しい問題を考える生徒の姿に驚きでした。
最初から問題をあきらめる生徒がいないのです。

3人の生徒が前に出て、自分の解いた考えを発表(説明)しました。
発表する生徒、聞く生徒共に、「考える」ということを、小学校から慣れているだろうと思いました。

考える生徒を見ていて、数学は解けた時の喜びを積み重ねていくと、学ぶ喜びが出て、数学がわかるようになっていくだろうと思いました。

実は、この問題は、3年生を対象に実施される全国学力・学習状況調査の問題だったのです。
これを授業の後半部分で知って驚きでした。

授業で「考える」ことが身に付いている神森中学校の生徒達です。








10:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/11

地区中体連大会

固定リンク | by:☆教頭☆
地区中体連大会~感動をありがとう~

6月8日から3日間、那覇地区中体連大会が開催されました。各会場とも選手、応援団一体となった熱い熱い3日間でした。
ほとんどの試合が一戦一戦真剣勝負のトーナメントです。3年間の全てをかけたこの大会が1回の負けで終わります。それだけに思いの深さが違います。
全力で試合に臨むこと、本気で泣けること、それがトーナメントです。







3年生にとっては、最後の大会となりました。この3年間部活動で頑張ったことにより、体も心も鍛えられました。
そして、何より人間社会としてやらなければならないことを鍛えられました。
社会に出たら、挨拶は必要です。また、清掃や後片付け等、人間としてやらなければならないことを鍛えられました。
集団の中で生きることを学びました。人を助けること、協力すること、問題が起こったときどうすればよいか、大事な仲間を得る事を学びました。


部活動で鍛えられた頑張りを、次は高校受験に生かさなければなりません。頑張れ3年生。


今大会の結果です。

男子ハンドボール:優勝 ( 県大会出場へ)    女子ハンドボール:準優勝(県大会出場へ)
男子バレー:5位(県大会出場へ)        女子バレー:5位(県大会出場へ)
男子サッカー(県大会出場へ)         女子バドミントン:3位(県大会出場へ)
水球:優勝(県大会出場へ)           女子ソフトボール:3位(県大会出場へ)
女子テニス:3位(県大会出場へ)

県大会出場を決めた部活動のみなさん。おめでとうございます。
県大会での更なる飛躍を期待します。

































09:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/06

選手激励会

固定リンク | by:☆教頭☆
選手激励会 ~心が育っている部とは~

神森中学校は部活動が盛んであるのは、県内でも有名です。
また、部活動も、野球、水泳、卓球、女子テニス、男子テニス、剣道、女子バドミントン、男子バドミントン、女子バレーボール男子バレーボール、女子バスケットボール、男子バスケットボール、女子ソフトボール、男子サッカー、女子サッカー、女子ハンドボール、男子ハンドボール、水球、合唱・吹奏楽部等たくさんあります。

6月5日(火)の放課後、那覇地区中体連大会の選手激励会が行われました。

              



生徒激励の言葉、各部の決意、校長先生からの激励の言葉がありました。
部の決意表明の中で「選手になれなかった部員がいます。その部員のためにも、頑張って是非勝ちたいと思います」とありました。
これまで一緒に練習してきた部員が、選手に選ばれなかった。選ばれなかった部員は、悔しさと同時に「自分の分も頑張って」という思いがあると思います。その気持ちをわかる部は、とても「心」が育っていると思います。

大会での勝利も大切です。しかし、一緒になって練習した部員が選手に選ばれなっかという、「気づける心」がもっと大切です。
こういう気持ちが育ったのは、部活動を友と一生懸命練習してきたからだと思います。

6月8日(金)からいよいよ那覇地区中体連大会が始まります。
先週紹介した格言の中に「自分だけでは無理だ。私の周りに大切な仲間がいる」がありました。
この気持ちを胸に、大会では一生懸命頑張って下さい。
一生懸命するプレーは人に感動を与えます。

頑張れ神森中学校の生徒達。感動を与えるプレーを信じています。
 
 



07:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/05

研究授業

固定リンク | by:☆教頭☆
授業に一生懸命な一年生

5月31日の5校時に1学年の美術の授業がありました。

授業はチャイムの鳴り始めと同時に号令がかかりました。
神森中学校では、全ての学年が共通で級長が前に出て号令をかけています。

そのときの様子です。


        



給食後の5校時は、 一番眠たい授業時間です。
しかし、生徒達は、全員が先生の顔を見て、一生懸命話を聞いていました。

10色を2つのグループに分け、「2つのグループは、何の基準で分けているのか」という質問がありました。
生徒は積極的に「寒い、暖かい」「まぜてもできない、まぜたらできる」「有彩色、「無彩色」と発言していました。
(言語活動になる授業でした)

最後の「補色残像」は興味をひくものでした。
生活にも役立つ、とても楽しい授業でした。

高良先生の言葉使いは、生徒を落ち着かせ、ゆったりとさせる雰囲気がありました。

入学して2ヶ月、授業に一生懸命頑張っている生徒の姿が、とても印象的でした。




























10:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/01

勝利・勝負の格言

固定リンク | by:☆教頭☆
那覇地区中体連大会へ向けて贈る格言(その2)


前回に続いて、6月8日から始まる地区中体連大会へ向け、神森中学校の生徒に贈る勝利・勝負の格言です。


〇練習は裏切らない。結局努力した奴が勝つと思っている。(上原浩治)

〇勝つと思えば負ける。負けると思えばなお負ける。勝つと思わず、負けると思わず、無心になってやることが大切である。(中村 清)


〇あの時を後悔しても、絶対に戻れない。あの時やってよかったと思うことを毎日積み重ねていったら、どうなるんだろう。

〇一生懸命努力しても、苦しい練習をしても、必ずしもそれで優勝できるとかメダルが取れるとは限らない。ですが、はっきりっしていることは、誰よりも練習をし、自分に勝たなければ絶対に勝利はないということです。優勝とは結果であり、努力しなければ成し遂げられないものです。(山下泰裕)

〇私はいつも自分に四つのことを言い聞かせています。耐えること、やり遂げようとする気迫を失わないこと、失敗は忘れ、常に次の手を考えることです。(青木 功)

〇どのポイントもすべて大事。全力を尽くそう、全力を尽くそうと自分に言い聞かせながらプレーした。(シュテフィ・グラフ)












09:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/05/31

勝利・勝負の格言

固定リンク | by:☆教頭☆
那覇地区中体連大会へ向けて贈る格言(その1)

6月8日(金)から始まる那覇地区中体連大会。神森中学校の生徒達へ、勝利・勝負の格言を2回に分けて贈ります。


〇自分だけではまったく無理だ。私の周りには大切な仲間がいる。

〇魔法の勝つ方法などないのだ。私の知る限り、勝つための唯一の方法は、力の限り頑張りぬくことだ
けだ。(ドン・シュラ アメリカンフットボールコーチ)

〇負ける相手がいるから勝てるんだ。勝つ相手がいるから負けるんだ。試合ができることに感謝。

〇たとえ劣勢であっても、逃げないこと。たとえどんなに負けていても、自分は勝てると、いつも信じなくてはならない。(タイガー・ウッズ)

〇負けたくないなら勝つしかない。

〇サッカーはチームゲームだが1対1になった時は「絶対に負けない!」という強い意志と自信を持って戦え。誰も助けてくれない。(ネス・バイスバイラー)











16:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/05/30

生徒総会

固定リンク | by:☆教頭☆
生徒総会開かれる~「自治の力の大切さ」~

5月30日、生徒総会が開催されました。
30年度の活動計画や予算等が審議されました。







神森中学校の生徒総会の特徴は、会の中で学級討議があることです。








今年度は、教室のカーテンが学級討議になりました。                                                                                                                                 
「ICTを利用した授業のとき、画面がよく見えないので必要です」
「どの教室も平等に設置されるべき」
「カーテンが汚れて、それが原因で風邪を引いた人がいます」
様々な意見が活発に出ました。

最後に校長先生から「生徒会は自治の活動で、生徒会が活発な学校は活性化されています。『生徒の、生徒による、生徒のため の生徒会』」と講評がありました。


自治の力とは、自分たちの問題を自分たちで解決する力のことです

自治の力はとても大切なので、25年前の石垣市のO中学校の一学級の壁新聞への取組から、自治について考えましょう。


25年前のO中学校は、空港の近くにありました。
当時は扇風機でした。暑いので窓は開けっ放しです。
飛行機が離発着するたびに、人の声が聞こえないほど騒音が激しく、授業が中断しました。
飛行機の騒音問題は、生徒にとっても、学校にとっても最も大きな問題でした。

O中学校のある学級が、地区の壁新聞コンクールへ向けて取り組みました。
生徒達は、新聞の一面に「飛行機の騒音問題について、市長にインタビューしてクーラー設置をお願いしたい」と担任に相談しました。
担任は、「市長が壁新聞のために、一学級の生徒に会うわけがない」と反対しました。

しかし、生徒達はどうしてもあきらめること出来ませんでした。自分たちにとって、最大の問題は飛行機の騒音問題ですから。
生徒達は、新聞で市長の動向を調べ、日曜日の祭りの時、担任には内緒で、市長に直接インタビューをお願いしたのです。
市長は「月曜日、担任の先生から秘書課に電話して、調整してインタビューに答えましょう」と言いました。

翌日の月曜日、生徒達は担任に「先生が秘書課へ電話したら、市長がインタビューに答えてくれる」と言いました。
担任は秘書課へ電話しました。しかし、秘書課は「調整できないので無理です」と言いました。
担任は、自分たちの問題を自分たちで解決したい生徒の気持ちを大切にしたいと思いました。
「市長が子ども達に嘘をついたら、後で問題になると思います」と言いました。
秘書課は「今日の午後5時に市役所へ来て下さい」と言いました。                                   

担任は、生徒達を市役所へ連れて行きました。インタビューの質問項目は一切チェックしませんでした。
担任は、自分たちだけで行動に出たので、責任は生徒達にとらせることにしました。

生徒達は、市長にインタビューしてクーラー設置をお願いしました。
市長は「騒音がそんなにすごいのなら、近いうちに騒音測定に行きます」と約束しました。

担任は、「いつになるかはわからないけど、後は行政がやること」と思っていました。
2週間後、市長自ら学校に来て、騒音を測定しました。

そして、翌年の5月に、学校の音楽室に一つのクーラーが設置されました。
その後、少しずつクーラーが設置されていきました。

学校やPTAがお願いしても設置されなかったクーラー が、一学級の壁新聞コンクールへの取組から設置されたのです。
担任の先生は、「『自分たちの問題は、自分たちで解決する』自治の力のある学級をつくりたい」と思っていました。

生徒達の「自分たちの問題は、自分たちで解決する」という自治の力が、市長を動かしクーラー設置へとつなっがったのです。                                                                                    
























































11:31 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/05/29

金魚

固定リンク | by:☆教頭☆
金魚が泳ぐ神森中の3年フロア

神森中学校の3学年フロアには、金魚が泳いでいます。
水槽が2つあり、1匹ずつ泳いでいます。金魚の好きな先生がえさを与えているそうです。

                                                                                                                                                                                                         


日本人が金魚を身近に感じるのは、「癒やし」と「安らぎ」を求めているからだと言われています。
また、金魚を見ていると、興奮状態が下がっていくことを脳波で科学的に測定したという話もあります。

3年生の皆さん、受験勉強に疲れたときは、金魚を見ると心が癒やされますよ。 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      








11:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/05/28

チャイムと同時に授業が始まる

固定リンク | by:☆教頭☆
チャイムのなり始めと同時に「黙想の号令」がかかる神森中学校

「ベルと同時に授業が始まる」という言葉がありますが、神森中学校はそれを実践しています。

5月28日の3校時が始まる前に3年3組の教室に行きました。
授業開始までにあと4分というところでした。生徒の一人が「もう授業が始まるよ」と声をかけました。




10時50分に授業が始まるので、授業開始まであと2分です。

 
                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                     
まだ開始2分前ですが、生徒はすでに席に着いています。
先生も教室に入室しています。
黒板の近くに立っている生徒は、号令をかける生徒です。

3年3組から1組の教室に移動しました。そのとき、授業開始のチャイムがなりました。
1組の教室は、1組・2組の男生徒の保健の授業でした。
チャイムと同時に、「黙想」の号令がかかりました。
そして、1分後のチャイムが鳴り終わると同時に、授業が始まったのです。

まさに、「ベルと同時に授業が始まる」姿でした。

どの学級でも、チャイムと同時に号令がかかり、授業が始まる神森中学校です。
生徒も先生も頑張っています。                                                            
























12:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

サイト内新着情報

 RSS
信頼のある学級日誌06/14 10:41
考える日誌06/12 10:52
地区中体連大会日誌06/11 09:33

外部情報 【琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース】

  • 学校擁壁 沖縄県内も調査 13市町村が点検実施・指示
  • <社説>加計理事長会見 国会に証人喚問すべきだ
  • <金口木舌>「その商品はコンシュウ発売です・・・
  • きょう夏至 神秘の「太陽の門」 玉城城跡
  • 平和の火 説明板設置 平和祈念公園
  • 海外日系人協が制定 6月20日は「国際日系デー」 提案・比嘉、伊佐さん喜び
  • 友利、日本代表に選出 陸上U20世界選手権 男子走り高跳び
  • 台湾夜市は子連れだって楽しめる! 4歳がハマった日本とはちょっと違う金魚すくい(台湾子連れ旅行記◇前編) ☆えくぼママの沖縄子育て☆
  • 差別や偏見を生まない言動”ポリコレ”を身につけよう! モバプリの知っ得![59]
  • 書店から平和を考える 沖縄県産本☆ バックヤード便り[45]

外部情報 【沖縄タイムス 最新ニュースダイジェスト】

神森中学校ホームページについて

※本校ホームページに掲載される個々の文章・写真・図形・デザイン・ロゴマーク等に関する著作権は、当学校または原著作者が有します。個人的使用を目的として印字や保存等、その他著作権法により認められる場合を除き、データ等を本校または原著作者の許諾なく複製、配布、送信等を禁じます。


〒 901-2121 沖縄県浦添市内間1丁目6番1号
TEL 098-877-5165 FAX 098-877-5597
このホームページは、NetCommonsを使って構築されております。