ICTダイアリー

カテゴリ:iPad / iPhone 【アクセサリー】

ひらめき Wi-Fi 機能付きデジカメ

   家族で使っていたデジカメが壊れたため注文していたWi-Fi 機能付きデジカメ 【SONY WX200】 が先日届きました。
   
iPhoneやAndroid端末に取り付け可能なレンズカメラSONY 「DSC-QX10」 の購入も考えましたが、携帯端末と連携して使用するよりも普通のデジカメとしての使用頻度が高いので、DSC-QX10 と同様の性能を持つ 【SONY WX200】 にしました。レンズのみのDSC-QX10よりも 【SONY WX200】 の方が最新機種ではないこともあり4,000円ほど安かったのも決め手となりました。

   
【SONY WX200】 は、iOS機器に PlayMemories Mobileをインストールすることで、撮影した写真がiOS機器に送られたり、iOS機器をリモコンとしてズームやシャッター操作を行えます。写真管理を行うフリーソフト『PlayMemories Home』 をパソコンにインストールすることで、無線でパソコンに写真を送ることもできます。デジカメの購入をお考えの方は、携帯端末やパソコンと無線で連携できるWi-Fi 機能付きデジカメも候補に加えてはいかがでしょうか。
 

【関連記事】
   無料のオンライン写真・動画保管サービス【PlayMemories Online】
0

ひらめき PCキーボードを iOS機器で使える 【Bluetooth HID送信機】

PCでスマホやタブレットを操作できるBluetooth HID送信機 
   PCのキーボードを iOS機器で使えるようにするアクセサリー【Bluetooth HID送信機】が自宅に届きました。
 
   簡単な文字入力であれば、iPad / iPad mini の場合、ソフトウェアキーボードで十分行えますが、本格的に文字入力する場合には、
ソフトウェアキーボードで画面が狭くならない、Blietooth キーボードがあったほうが便利で、iPhone / iPod Touch なら、なおさらです
   iPad mini 用に Blietooth キーボードを持っていますが、持ち歩き用の小型なもののため、ソフトウェアキーボードよりはましといった使い勝手で、もう少し大きめのBlietooth キーボードを手に入れたほうがいいのかもしれないと考えていた時に、このアクセサリーを見つけました。職場や出先にもパソコンがあり、そのキーボードをiPad mini 用の Blietooth キーボードとして使えるので便利です。
※iOS機器以外の
タブレットやスマホでも使えるようです。

使い方
 ①【Bluetooth HID送信機】をPCのUSBに差し込む。
 ② 自動再生の画面が開くので 『フォルダーを開いてファイルを表示』 をクリック。
 ③ 開いたフォルダー内の 『Virtual HID』 をダブルクリックで起動し、[Bluetooth][ペアリング開始] をクリック。
 ④ iOS機器の 『設定』 から Bluetooth を開き、『Virtual HID』 をタップすると接続。
※2回目以降は
 『Virtual HID』 を開くまでは同じで、[Bluetooth][接続機器] を選ぶ、となります。PCの入力は切り替えを意識することなく行えます。
①【Bluetooth HID送信機】をPCのUSBに差し込む。② 自動再生の画面が開くので 『フォルダーを開いてファイルを表示』 をクリック。  ③ 開いたフォルダー内の 『Virtual HID』 をダブルクリックで起動し、[Bluetooth]→[ペアリング開始] をクリック。 ④ iOS機器の 『設定』 から Bluetooth を開き、『Virtual HID』 をタップすると接続。 iPod Touch でも接続を確認しました。
   iPad / iPad mini では、ソフトウェアキーボードで画面が隠れてしまうことも無く、iPhone / iPod Touch では入力が格段にしやすくなります。財布に収まるほど小さな機器なので、 Blietooth キーボードの購入を考えている iPad / iPad mini / iPhone / iPod Touch をお持ちの方は、候補として検討してもいいかもしれません。

0

ひらめき AppleTV のアップデート6.0がダウンロード可能となっています。

   大幅に機能アップした AppleTV のアップデート6.0がダウンロード可能となっています。
 
   
AppleTV 6.0 の目玉の機能は、iTunes Radio とiTunesで購入した音楽や映画などを直接再生できること。また、共有されたフォトストリームにある写真や動画も AppleTVのみで閲覧できるようになりました。
【iTunes Radio】 DEEP PURPLE - HIGHWAY STAR 
   先日、
AppleTV 6.0 へのアップデートを行い、iTunes Radio を試してみました。現在は洋楽のみのようですが、'70年代は89、'80年代は198ものインターネットラジオの登録があり、順次再生してみると、TOTO / Deep Purple / Eric Clapton / Queen / Van Halen / Journey / Bon Jovi / Mötley Crüe / Kajagoogoo / Kansas / Yes / Billy Joel / RATT  etc.・・・
   懐かしい洋楽が次々、接続した地デジテレビから流れました。
 
 
  インターネット環境のある遠方の両親の地デジテレビに AppleTV を設置して、家族の近況を写真や動画で配信している方は、今回のアップデートで共有したフォトストリームにある写真や動画も直接閲覧できるようになるので、アップデートの方法を教えて、リアルタイムに写真や動画を見れるようにしてはいかがでしょうか。
0

ひらめき ポータブルWi-Fiルーター【ちびファイ2】が自宅に届きました。

持ち歩きできるWi-Fi環境 【ちびファイ2】。とてもコンパクトです。
   ポータブルWi-Fiルーター【ちびファイ2】が自宅に届きました。

   本来は、出先のホテル等の有線ネットワークを無線化して使うための機器ですが、私の場合は、学校でプレゼンする場合のWi-Fiルーターとしての購入です。学校には同様のことを出先の学校で行える 【Toaster PRO】 がありますが、【Toaster PRO】 からバッテリーとカードリーダー機能を省いたような製品です。写真の真ん中の白い機器が 【ちびファイ2】 で、USBで電源供給することで使用することが出来ます。

   学校に出向いた際、その学校のWi-Fiはセキュリティーの関係上、個人の端末を接続することが出来ないので、AppleTVを使ってプレゼンを行う場合の 『持ち運び用のWi-Fi』 です。もちろん、インターネットを使うことは出来ませんが、学校のAppleTVを一時的に 【ちびファイ2】 に接続して無線でプレゼンしたり、AppleTVを持ち歩けば、地デジテレビのある場所であればどこでも無線でプレゼンを行えます。
iPad mini と、ちびファイ2 ポータブルバッテリー・ちびファイ2・iPod Touch

   AppleTV を使ったAirPlayミラーリングを行うためだけに、月々の使用料が発生するポケットWi-Fi等を使う必要はなく、インターネットが使える場所で資料収集を行い、編集やプレゼンはインターネットに接続しない活用法となります。次の写真は研究所のAppleTV を一時的に 【ちびファイ2】 に接続して使えるか確認しました。電源はモバイルバッテリーを使用しました。
 

0