ICTダイアリー

2014年12月の記事一覧

ひらめき Amazonアプリストアで無料セール中

   Amazon アプリストアで12月24日から26日限定で、音楽アプリなどの無料セールを行っているようです。Android端末から下記のリンクをクリックすると、Amazon Apps のインストールを促されるので、インストール後にAmazon のアカウントでログインすることでダウンロードできます。
   Amazon のアカウントをお持ちの方で、
Android端末をお使いの方は、無料期間中にお試しになってみてはいかがでしょうか。無料セールは終了しました。

Mirroring360 《Androidアプリ(記事掲載時 743円→無料→1,659
   AirPlayでiOS機器の画面をAndroid端末の画面にミラーリングできるアプリ。
   
Android端末を MHL-HDMI 変換アダプタを使って地デジテレビに接続して、AppleTV代わりに使用できます。 
 

Ultimate Guitar Tabs and Tools 《Androidアプリ(記事掲載時 628円→無料628円
   いろいろなタブ譜が見れるアプリ。


djay 2 《Androidアプリ(記事掲載時 300円→無料415円
   DJアプリ。

0

ひらめき 学校のAppleTV で P2P接続AirPlay ミラーリング

   学校のAppleTV で P2P接続AirPlay ミラーリングを試してみました。
  
   不具合対応のため業者に預けてあった学校の AppleTV が研究所に届けられたので、ネットワークに接続しない状態で、AirPlayミラーリングができるかの
検証を行いました。この状態でAirPlayミラーリングができれば、学校の AppleTV と iPad mini を持ち出して、ネットワークが使えない場所で無線提示によるプレゼンが可能 ということになります。
   3台中、最初の1台で上手くいきましたが、他の2台はAirPlayのボタンが現れず、確認することができませんでした。複数の
 AppleTV を同じ場所で同時に検証すると、最初の接続の影響が次の接続に出るのかもしれません。初めてP2P接続ミラーリングを行う場合は、すんなり接続されない場合もありますので、根気強くお試し下さい。一度接続してしまえば、2回目以降はトラブルが少ないようです。
 
※P2P接続は、Bluetoothを使って認証を行い、Wi-Fiで直接接続する仕組みなので、Bluetoothで認識されるまでに数十秒かかります。Bluetoothで認識され、認証に必要な4桁の数字が画面に表示されるまでお待ち下さい。

【関連記事】
   P2P接続によるAirPlayミラーリング 検証
   AppleTVのP2P接続 AirPlay ミラーリング
0

ひらめき Lightning接続 有線キーボード 【DN-11219】 が届きました!

   Microsoft Office for iOS が無料で提供され、iPadで iOS版の Word / Excel / PoworPioint が使えるようになったので、個人所有のiPad mini 用に、有線接続のキーボード 【DN-11219】 を購入することにしました。Bluetooth接続のキーボードも所有していますが、充電が必要だったり、iPad mini 側での操作が面倒で使用していませんでした。
   有線接続のキーボードは電源不要で接続してすぐに使用できるので、キーボードを多用するアプリでは重宝しそうです。文字入力の時、画面にキーボードが出てこないので、パソコンと同様の感覚でタイピングできます。画面上のタッチ入力が苦手な方や、メールやメモでの長文入力を頻繁に行う方にオススメです。iPad や iPhone で長文を入力する方、iOS版の Word / Excel / PoworPioint をパソコン的に使用してみたいという方には役立つアクセサリーかもしれません。

  

関連記事
   Microsoft Office for iOS

【Microsoft Word】マイクロソフトが無料で提供するiOS用 Word。Microsoft Word ユニバーサルアプリ
   マイクロソフトが無料で提供するiOS用 Word。お勧めです。
   PCで作成したファイルの持ち歩き用として重宝しそう。

【Microsoft Excel】マイクロソフトが無料で提供するiOS用 Excel。Microsoft Excel ユニバーサルアプリ
   マイクロソフトが無料で提供するiOS用 Excel。お勧めです。
   PCで作成したファイルの持ち歩き用として重宝しそう。

【Microsoft PowerPoint】マイクロソフトが無料で提供するiOS用 PowerPoint。Microsoft PowerPoint ユニバーサルアプリ
   マイクロソフトが無料で提供するiOS用 PowerPoint。お勧めです。
   PCで作成したファイルの持ち歩き用として重宝しそう。


【OneDrive】マイクロソフトが無料で提供するクラウドストレージアプリ。OneDrive 《ユニバーサルアプリ 

   マイクロソフトが無料で提供するクラウドストレージアプリ。お勧めです。
   Microsoft Word / Excel / PowerPoint から開くことができます。
0

ひらめき 浦添市立小中学校のICT機器について

   山田小中学校のICT機器活用公開授業に参加された先生方はお気づきかと思いますが、浦添市立小中学校にもあるICT機器を、全ての教室で常設できる数を揃え、いつでも使えるように設置したものが山田小中学校のICT機器の環境でした。電子黒板も、浦添市立小中学校に8台~13台配備している電子黒板機能付きプロジェクターと同様のもので、実物投影機も浦添市立小中学校には普通教室分あり、iPad mini と AppleTV も各学校に6台配備され、山田小中学校のICT機器活用公開授業で実施された内容を参考にして、校内にある機器を教室に持ち込むことで実施可能な環境です。

【浦添市立小中学校のICT機器】
 アームを伸ばした状態。 

【山田
小中学校のICT機器】
  small
   先生方がお持ちのノートパソコンからデジタル教科書の提示、 
『きょうざいのお部屋』 からフラッシュ型教材を選んで活用するなど、 山田小中学校のICT機器活用公開授業で行われていた、実物投影機の画像 ・ 動画教材 ・ フラッシュ型教材 ・ デジタル教科書 の提示地デジテレビでの提示とはなりますが全ての普通教室で実施可能です。 電子黒板機能付きプロジェクターを持ち込めば、山田小中学校とほぼ同じ環境となります。各教室への電子黒板の常設と一人一台のiPadを活用した授業が行なえる共用iPad と、各教室への AppleTV の設置が実現すれば、山田小中学校で整備されたICT機器と同様の配備となります。山田小中学校のICT機器活用公開授業を参考に、できる所から始めてみてはいかがでしょうか。普通教室分配備されている実物投影機は教室への常設も可能なので、活用が簡単に行なえる実物投影機の活用から始められることをお勧めします。
   分かりやすい資料を大画面で提示することがICT機器の大きな目的の一つなので、その視点で、実物投影機に慣れたら次はフラッシュ型教材の活用 ⇒ デジタル教科書の活用 ⇒ iPad の活用 という順序で、授業に取り入れやすい簡単な活用から段階を追ってお試し頂くと、道具として、授業に溶け込む形でのICT機器の活用のアイディアが次々生まれてくると思います。

【関連記事】
   恩納村立 山田小中学校 ICT機器活用公開授業
0