ICTダイアリー

2015年1月の記事一覧

ひらめき 【ロイロノート】 に関する記事紹介

【ロイロノート】プロジェクト作成画面。

   パソコン活用サイト【PC Online】 の 「iPad大人の活用術」 に、児童生徒によるプレゼンテーションに活用できる 教育現場用 iPad アプリ 
【ロイロノート】 に関する記事が掲載されているので紹介します。

   【ロイロノート】 は、児童生徒に使わせるためのプレゼンテーションアプリで、修学旅行 や 社会科見学のまとめ学習 ・ 思い出のスライド作成 ・ 調べ学習の発表 ・ 町探検 ・ グループ発表学習 ・ ニュース番組作成 などを 『授業の中で』 行わせることができます。

   パソコン活用サイト【PC Online】の記事は、登録しないと全文読むことができないので、リンク先の記事の1ページ目を見て、続きをご覧になる場合はメールアドレスを使って登録し、お読み下さい。

  新感覚! 共同作業できるアプリ   「iPad大人の活用術」より

【ロイロノート】児童生徒によるプレゼンテーションに活用できる教育現場用iPadアプリ。ロイロノート   《iPadアプリ》 (記事掲載時 500円
   社会科見学のまとめ学習や、児童生徒によるプレゼンテーションに活用できる 教育現場用iPadアプリ
   写真・動画・テキストをカードのように並べ、線でつなぐだけで見せる順番を決めることができます。

【関連記事】

   ロイロノートの使い方  ロイロノート公式ページ

0

ひらめき Adobe Voice で教材動画の作成が可能になりました

【Adobe Voice】 で作成したスライド動画。

    
【Adobe Voice】 が、アップデートで教材動画作成ツールとして使えるようになりました。

   【Adobe Voice】は、写真やテキストを選んでアフレコするだけで簡単にスライド動画ができるアプリ。紙芝居の要領で準備した画像に音声を録音して動画を作ります。今回のアップデートで、作成した動画をカメラロールに保存できるようになりました。機器の使用方法の説明、学校紹介、自作紙芝居、学習資料など、アイディア次第で様々なスライド動画が作成でき、それをNASサーバやYoutube等で共有できます。

   Youtubeにアップロードして学校ホームページに掲載すれば、自宅で教材動画を見て予習し、授業では知識の確認や問題解決学習を行う 『反転授業』 も可能です。(2015/01/19 記事掲載

   【Adobe Voice】 は無料のアプリなので、iPad をお持ちの方は、簡単なシナリオを書き、素材を収集して、スライド動画の作成にチャレンジしてみて下さい。驚くほど簡単に音声付の動画資料が作成できます。

   ※文字入力で日本語が文字化けする現象がありましたが、1月26日のアップデートで解消されております。

【Adobe Voice】声を録音して素材を選ぶだけで簡単にスライド動画が作成できるアプリ。

Adobe Voice iPadアプリ(記事掲載時 無料(学校用 iPad mini 用にダウンロード済み

   声を録音して素材を選ぶだけで簡単にスライド動画が作成できるアプリ。

   無料のアプリですが、学校での活用が期待できるのでダウンロードしました。

  スライド動画見本 ・・・ 1分程度で作成。声の録音は省きました。
  声を録音して素材を選ぶだけでスカした動画が作れるiPadアプリ「Adobe Voice」を試した  [週刊アスキーPLUS] より
  プレゼンが変わる! 驚異的な便利な無料アプリ  「iPad大人の活用術」 より
0

お知らせ てぃだメーリング簡易マニュアル 掲載

てぃだメーリング簡易マニュアル
   各学校の 【校務関連リンク】 に、てぃだメーリング簡易マニュアルを掲載します。
   各学校からの緊急連絡を配信することに的を絞ったマニュアルとなっております。

   
てぃだメーリング簡易マニュアル


   本格的な活用をご希望の学校は、◇てぃだメーリングマニュアル◇ をご覧下さい。

0

お知らせ 『Mobile Music Sequencer』 等、ヤマハのiOSアプリが無料中!

Mobile Music Sequencer

 
   
 『Mobile Music Sequencer』 、
Synth Arp & Drum Pad』 など、ヤマハのiOSアプリが無料中!元の値段に戻りました。
 
   iPhone や iPad での音楽作成に興味のある先生は、この機会に是非、個人用にダウンロードしておいて下さい。ダウンロードしておけば、当分使わないということで削除しても、再度インストールする際、無料で使えます。特に、
作曲ツールの 『Mobile Music Sequencer』と、キーボード&ドラムアプリ 『Synth Arp & Drum Pad』 は本格的な音楽作成に使えます。使い方については、掲載動画とマニュアルでご確認下さい。
※値下げセールは1月31日までのようです。
 

Mobile Music Sequencer 《ユニバーサルアプリ(記事掲載時 1,600円→無料1,600円

   内蔵のフレーズパターンを組み合わせて、感覚的に楽曲制作できるシーケンサー。 
   とりあえずフレーズを並べて展開を作ればそれらしい曲になります。
(学校用 iPad mini 用にダウンロード済み)
    
   
Mobile Music Sequencer 取扱説明書 ダウンロードページ


【Cloud Audio Recorder】オーディオレコーダーアプリ。

Cloud Audio Recorder 《ユニバーサルアプリ(記事掲載時 400円→無料化

   オーディオレコーダーアプリ。トリミングやノーマライズ等の簡易編集やAudioCopy機能もあり。

   CoreAudioに対応しているので外部マイクも使用できます。(学校用 iPad mini 用にダウンロード済み)

   Cloud Audio Recorder マニュアル

0

ひらめき タブレット端末比較③【ロイロノートスクール】

   タブレット端末の活用のメインで使用するアプリ【ロイロノートスクール】の使い勝手を試してみました。Androidタブレット用の【ロイロノートスクール】が無いため、iPad Air】 と WindowsタブレットTOSHIBA  S80の比較となりました。借用した機器のため、研究所のネットワークに接続できず、個人の携帯のテザリングで試してみましたが、Windows用の【ロイロノートスクール】が上手く動作しなかったため、自宅の Windowsタブレット【ASUS TransBook T100TA】 ・ TOSHIBA  S50】 と 【iPad mini2】 で試しました。
  
※左がiPad、右がWindowsタブレット。同じ画面を表示しています。

   Windows版は、iPad版とトップ以外の操作画面は全く違いましたが、慣れれば全く問題なく操作出来ました。Windows版と、iPad版を混在して使用しない限り、操作画面の違いは問題なさそうです。唯一の違いは、iPad版で可能な動画の書き出しとPDFでの出力がWindows版でできない点で、教師の教材作成ツールとしての活用や、児童生徒の作品の共有ができないのでバージョンアップでの対応を期待します。ネットワークを必要としない【ロイロノート】もiPad版だけしか無いので、現在のところ、【ロイロノートスクール】や【ロイロノート】をメインで使用する端末はiPadに分があるように感じました。

※ 研究所で、テザリングを使った検証でWindowsタブレットの日本語入力が上出来ない現象がありましたが、自宅の同じメーカーのWindowsタブレットはテザリングでも問題なく使用できたので、検証したWindowsタブレットの設定に固有の問題があったと思われます。
0