ICTダイアリー

2018年3月の記事一覧

ひらめき 紙面上に情報を埋め込む方法

   学校案内や学級新聞などの紙面上に無料で、テキストや画像、動画、URLなどの情報を埋め込む方法と、使用アプリを紹介します。興味のある方は、サンプルを印刷して、紙面に埋め込まれた情報の閲覧を体験して下さい。


①QRコード作成アプリの利用
   サイトや場所等の
QRコードを作成し、QRコードを紙面に貼り付けることで、情報を埋め込むことができます。

公式QRコードリーダー”Q”iPhone・iPod Touchアプリ(記事掲載時 無料
   QRコード読み取り、作成ができるアプリ。
   サイトのURL、テキスト、連絡先、場所のQRコードの作成が可能。

無料QRこーど りーだーユニバーサルアプリ(記事掲載時 無料
   カメラをかざすと即座に目的のサイトが表示されるQRコードリーダー。
   閲覧する場合は、こちらがお勧め。

※ 
QRコードを作成するクラウドサービス QR Code generator もあります。

   QRサンプル.pdf


②AR作成アプリの利用
   紙面上の画像に、テキスト、画像、動画、YouTube、Webリンクを埋め込むことができます。

ARナビキャラユニバーサルアプリ(記事掲載時 無料
   画像にARキャラクターと様々な情報を埋め込むことが可能なアプリ。
   無料での使用はARマーカー5個以下、使用容量10MB以内の制限がありますが、十分活用できます。

   ARサンプル.pdf
※このサンプルを使用するには、ユーザー追加で『taichi0925』を加えて下さい。




教育研究所では、月額制のARアプリ『マチアルキ』も試用しています。パソコンを使って、撮影した写真や動画を、ARとして場所や画像に埋め込み、iPhone等の携帯端末のアプリで実際の場所に行って見ることができます。

マチアルキユニバーサルアプリ(記事掲載時 無料
   あらかじめ、特定の場所や画像に埋め込んだ情報を、ARとして見ることができるアプリ。
   コンテンツの作成には、月額使用料が必要

0

音楽 無料で使える音楽ストリーミングサービス

 
   無料プランでも使える音楽ストリーミングサービス【Spotify】を紹介します。
 
   Spotifyは、月額制の定額音楽配信サービスですが、無料プランでも使用することが可能です。無料プランでは、シャッフル再生に限定されるのと、30分に一度、広告が流れますが、好きな曲をプレイリストに集めて再生したり、Spotifyが提供するプレイリストを再生してFMラジオ感覚で聴くのであれば、無料プランでも十分楽しめます。
 
   
Spotifyを無料プランで快適に使えるようになるのは、ある程度プレイリストに曲が集まってからです。プレイリストの曲が少ないと、Spotifyのお勧めの曲を頻繁に聴かされることとなります。


   月額制の定額音楽配信サービス。
   無料プラン(機能制限・広告あり)でも十分使えます。Android版はこちら

※Spotify以外の『無料で聞き放題』を謳っているアプリは、Youtubeに依存する音質の悪いものか、中国の違法サイトに繋がる危険なものなので、ご注意ください。
0

ひらめき ゲーム感覚で算数の基礎を学べるアプリ


   App Storeの『かずであそぼう』に選ばれたアプリの中から、現在、無料でダウンロードできるアプリをピックアップして紹介します。

   課金無しで無料で十分使えるものや、無料でもある程度使用できる体験版的なものと様々ですが、Appleがお勧めするアプリなので、是非お試し下さい。


トドさんすうユニバーサルアプリ
   未就学児から小学2年生向けの算数ゲームアプリ。
   課金無しでもある程度使用できます。

9x9カードユニバーサルアプリ
   シンプルな九九カードアプリ。
   タップで答えを表示し、スワイプで次の問題が表示されます。

Fiete Mathユニバーサルアプリ

   足し算や引き算や数を学べるゲームアプリ。課金無しでも十分使用できます。

   数字は、グループ化したり、積み合わせたり、分解したりできるようになっています。

Quick Maths Jr.ユニバーサルアプリ

   足し算や引き算や数を学べるゲームアプリ。

   最初のゲームだけ課金無しで使用できます。

0

お知らせ センスの良い画像がデザインできるアプリ【PAGE UP】

indies BAND『SABANNAMAN』の画像をiPad miniの【PAGE UP】で加工してみました。
   画像とレイアウトを選んでセンスの良い画像がデザインできるアプリ【PAGE UP】

   1~4枚の画像を選び、レイアウトを選択、テキストを編集するだけでセンスの良い画像が作成できます
   作成した画像はアプリ内に保存され、画像や動画としてカメラロールに保存したり、PDF での共有も可能

   
資料の表紙や動画タイトル画像の作成、複数のPDFを作成してPDF編集機能のあるiOSアプリ(Power PDFプロ 等)でまとめることで、電子書籍も作成できます


【PAGE UP】写真や画像を選んで簡単にデザインできるアプリ。PAGE UP ユニバーサルアプリ(記事掲載時360円
   写真や画像を選んで簡単にデザインできるアプリ。
   作成した画像はアプリ内に保存され、画像 / 動画 / PDF で共有できます。お勧めです。


【Power PDFプロ】様々なファイルからPDF文書を作成、変更、閲覧が可能なアプリ。

Power PDFプロ ユニバーサルアプリ(記事掲載時 720円(学校用 iPad mini 用にダウンロード済み)

   様々なファイルからPDF文書を作成、変更、閲覧が可能なアプリ。お勧めです。

   カメラロールの写真のPDF化、Dropbox / Google Driveなどのクラウドストレージとの連携も可能。

0

ひらめき 教育研究所のiPad miniでPowerPoint


   教育研究員より、PCで作成したPowerPointファイルをiPadに入れて、研究成果報告会で使用したいとの相談があったので、教育研究所のメールアドレスを使ってMicrosoft アカウントを取得し、クラウドでデータの受け渡しをするために、OneDriveとDropboxを教育研究所のiPad miniのPowerPointから使えるように設定を行いました。

   Microsoft アカウントの登録、PowerPointアプリ、いずれも無料なので、PCで作成したPowerPointファイルをiPhoneやiPad、iPod Touchを使って持ち歩きたいという方は、是非お試し下さい。

【Microsoft PowerPoint】マイクロソフトが無料で提供するiOS用 PowerPoint。Microsoft PowerPointユニバーサルアプリ  
   マイクロソフトが無料で提供するiOS用 PowerPoint。お勧めです。
   PCで作成したファイルの持ち歩き用として重宝しそう。

【OneDrive】マイクロソフトが無料で提供するクラウドストレージアプリ。OneDrive《ユニバーサルアプリ 

   マイクロソフトが無料で提供するクラウドストレージアプリ。
   Microsoft Word / Excel / PowerPoint をPCから取り入れる際に必要。

DROPBOX  《ユニバーサルアプリ
   オンラインストレージアプリ。
   
パソコンのデータをiPadに送る際に使えます。



【関連記事】


  PCで作成したPowerPointをiPadで使う方法
  Microsoft Office for iOS の導入方法  

0