ICTダイアリー

2014年11月の記事一覧

音楽 KORGの音楽アプリがセール中!

   KORGのiOS用音楽アプリが値下げセールを行なっています


   KORGのシンセアプリは単体でも優れたアプリですが、 『AUDIOBUS』 に対応するだけでなく、SoundCloud をベースにした楽曲共有機能、2台の iPad でワイヤレス同期演奏できる 「WIST」、「AudioCopy」、「Audio Export」、外部 USB キーボードでの演奏にも対応しています。どのようなアプリなのかはビデオでご確認ください。元の値段に戻りました。

   いずれのアプリも実機があり、メーカー自身でiPadに移植したものなので、本格的な音楽作成に使用できるアプリです。個人的には、簡単に演奏して楽しめる 
【iKaossilator for iPhone / iPad】 がお勧めです。iKaossilator は、近日、バージョン3にアップデートされるようです。
※値下げセールは12月11日まで。


【KORG Gadget】ダンスミュージック制作アプリ。
KORG Gadget 《iPadアプリ》 (3,900 ⇒ 2,900 ⇒ 3,900 ⇒ 3,000 
   ダンスミュージック制作アプリ。モバイルシンセサイザーやドラムマシンなどを15種類内蔵。
   スケール対応キーボード/シーケンサーで、音楽の知識が無くても曲を作成可能。

【iKaossilator for iPhone / iPad】 (2,000 ⇒ 1,000 

   シンセサイザーアプリ。
   
簡単に演奏が楽しめます。


iMS-20 for iPad (3,000 ⇒ 2,000 

   シンセスタジオアプリ。


KORG  iPolysix for iPadiPolysix for iPad (3,000 ⇒ 2,000 

   シンセスタジオアプリ。




iELECTRIBE for iPad (2,000 ⇒ 1,000 
   ビートボックスアプリ。




iELECTRIBE Gorillaz Edition for iPad (2,000 ⇒ 1,000

   ビートボックスアプリ。



0

音楽 音楽作成に使えるアプリの値下げ情報

   本格的な音楽作成に使えるアプリの値下げ情報を掲載します。音楽作成に使えるアプリは高額なものが多く、価格の面で躊躇していた方はこの記事の情報を参考に購入を検討されてはいかがでしょうか。 

Animoog for iPhone  1,000円→ 無料 1,000円300円400円800円500円1,000円720円
   
 iPhone 用の本格的なシンセアプリ。Audiobus対応。


AnimoogAnimoog  2,000円→500円→3,000円→600円→3,000円→1,600円→2,500→3,000円→3,600円
   iPad 用の本格的なシンセアプリ。Audiobus対応。


【BIAS - Amps!】超本格的なアンプシミュレーターアプリ。BIAS - Amps!   2,000円→1,500円→1,000円→700円 2,000円 2,400円
   超本格的なアンプシミュレーターアプリ。Audiobus対応。JAMUPの一部として使用することも可能。
   アプリの使用には、 JamUp Plug や LINE6 Sonic Port などのギターインターフェースが必要。


【BIAS - Amps!】超本格的なアンプシミュレーターアプリ。BIAS for iPhone  iPhone・iPod Touchアプリ リリース記念価格 500円→800円1,000円1,200円
   
超本格的なアンプシミュレーターアプリ。Audiobus対応。JAMUPの一部として使用することも可能。
   
 アプリの使用には、 JamUp Plug や LINE6 Sonic Port などのギターインターフェースが必要。


MusicStudioMusic Studio  1,500円→1,000円→1,500円→1,800円
   本格的なDAW アプリ。Audiobus対応。
   


BeatMaker2
BeatMaker2  2,000円→500円→2,000円→1,000円→2,000円→1,200円
   本格的なDAW アプリ。Audiobus対応。
   

iMaschine2   500円→200円500円600円→1,200円
   2トラック分のドラムパッド+2トラック分のキーボードを持つサンプリンググルーブ作成アプリ。
   バージョンアップでユニバーサルアプリになりました。

0

ひらめき 学校のAppleTV を持ち出してAirPlayミラーリング

   ネットワーク接続なしで P2P接続AirPlay ミラーリングを試してみました。
  
   ネットワーク接続が無い状態を作り出すため、研究所の
 AppleTV を自宅に持ち帰り、自宅のWi-Fi の電源をOFFして、iPad mini のWi-Fi と Bluetooth がONになっていることを確認して検証を行いました。この状態でAirPlayミラーリングができれば、学校の AppleTV と iPad mini を持ち出して、Wi-Fi が使えない場所でプレゼンが可能 ということになります。
   
AppleTV を自宅の地デジテレビに接続すると、ネットワークにつながっていないとのメッセージが出ますが、気にせず通知センターを引き上げてAirPlayのボタンをタップするとあっさりAirPlayミラーリングすることができました。
  
   iPhone / iPad / iPod Touch をお持ちの先生は、校内LANパソコンで作成したPowerPoint資料を 
iOS版PowerPoint に読み込んで、学校の AppleTV を持ち出せば、お手持ちの iPhone / iPad / iPod Touch がノートパソコン代わりのプレゼンツールとして使えます。画期的な環境だと思いますがいかがでしょうか。

※P2P接続は、Bluetoothを使って認証を行い、Wi-Fiで直接接続する仕組みなので、Bluetoothで認識されるまでに数十秒かかります。Bluetoothで認識され、認証に必要な4桁の数字が投影画面に表示されるまでお待ち下さい。

【関連記事】
   P2P接続によるAirPlayミラーリング 検証
   AppleTVのP2P接続 AirPlay ミラーリング

0

お知らせ SC-88ProがiOSアプリで復刻されるようです!

Roland SC-88Pro 
   RolandのMIDI音源、SC-88ProがRoland自らの手によってiOSアプリ【Sound Canvas for iOS】 として復刻されるようです。実際の発売時期や価格は未定のようですが楽器フェアのRolandブースに参考出品されています。
 
   Roland SC-88Proは1996年に発売されたMIDI音源。当時、価格も89,800円と高価なものでしたが、DTMの定番音源として今でも人気のある音源で、個人的にも愛用していました。
   40~50歳前後の方で、DTMを楽しんでいた方が、『iPad / iPhoneによる音楽作成』に興味を持つきっかけになるアプリだと思いました。リリースが今から楽しみです。
  楽器フェアで参考出品!RolandがSound Canvasを復刻だ!   藤本健の“DTMステーション” より

 
0

ひらめき P2P接続によるAirPlayミラーリング 検証

 
   AppleTV を個人で所有されている方のために、P2P 接続のパターンを色々と試してみました。

  

   ① AppleTV の設定を変更することなく、iPad mini 側をスマートフォンのテザリングでWi-Fi接続。
   ② AppleTV の設定を変更することなく、iPad mini 側のWi-FiをWi-Fiルーターに変更して接続。
   ③ AppleTV をWi-Fiに接続すせずに、iPad mini 側のWi-FiをWi-Fiルーターに変更して接続。
    AppleTV をWi-Fiに接続すせずに、iPad mini 側のWi-FiをONにして接続。ネットに接続していない

   ①~④を試した結果、P2PによるWi-Fi接続に必要な条件はiOS機器側の Wi-Fi と Bluetooth をONにするだけ。AirPlayミラーリングで資料提示を行うだけであれば、AppleTVもiOS機器もネットへの接続は不要であることがわかりました。お持ちのAppleTVが第3世代であれば、自宅での設定を変更することなく持ち出して、出先の地デジテレビ等を借りてAirPlayミラーリングを使った無線提示が行えます。無線ルーターは不要で、AppleTV さえあれば地デジテレビ等への無線提示ができます。
※初回接続の際、つながりにくいことがあります。4桁の数字の入力で接続認証を行うので、表示されるまであきらめずに何度も操作を繰り返して下さい。

   学校外でのプレゼンには、お手持ちのiOS機器にMicrosoft Officeを導入して、学校で作成した PowerPoint 等のファイルを iPhone や iPad に入れて、AppleTV を使ったスマートなプレゼンがどこでも可能となります。

※P2P接続が可能なAppleTVは、
第3世代 (Model A1469) のAppleTVです。


   仲西中学校のAppleTVは、最新の「7.02」にアップデートしたので、個人所有のiPad mini 、iPod Touch でP2P接続を試してみました。

   
個人所有のiPad mini 、iPod Touch は2台ともWi-Fiモデルなので、これまではテザリングまたはWi-Fiルーター経由でAppleTVに接続していましたが、 Wi-Fi と Bluetooth をONにするだけであっさり、無線提示することができました。仲西中学校の研修では、AppleTVを持っていかずに学校のAppleTVを使ってAirPlayミラーリングできる環境になりました。
0