*浦研ダイアリー*

ICT活用、iPad / iPhone関連の最新記事は 『ICTダイアリー』 に移動。

ドローンを活用したプログラミング体験出前講座

NPO法人「沖縄ICTキッズプロジェクト」様の御協力により、
小学校6年生を対象とした
「ドローンを活用したプログラミング体験出前講座」を開催しています。

ドローンに関する知識も学びながら、
ドローンを操作するプログラムを作成して、
実際に飛行させる体験を行ないました。
参加した児童はドローンの動きに一喜一憂しながら、
目的の動きを成功させるまで何度もプログラムを作り直し、
試行錯誤する姿が見られました。

<5/25 港川小学校でのようす>
   

本出前講座は今年度、浦添市立小学校7校で予定されています。

0

浦添市の情報教育推進の核として・・・

令和4年度が始まって1カ月が過ぎました。

今年度の情報教育推進に向けて、
本市の情報教育推進の中核としてがんばっていただく先生方の研修会が始まりました。


研究協力員会(発足式)4/26(火)

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。今年度は仲西小、神森小、浦城小、港川中、浦西中の5校から推薦いただいた5名の先生方に協力員を委嘱し、研究の方向性に関する勉強会を行ないました。小学校においてはプログラミング教育について、中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。



情報教育主任研修会①4/27(水)

各学校の情報教育推進の核となる情報教育主任の先生方にお集まりいただき、本市および各学校における情報教育に取組について情報交換を行ない、共通認識を図りました。特に、GIGA端末の管理・運用に関する情報交換では、人事異動等により新しく情報教育主任になった先生にとって、有益な情報を共有することができました。
情報教育推進において、重要な役割を担う主任の先生方、これからもよろしくお願いします!

 

ICTエバンジェリスト研修会(発足式)5/9(月)

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。今年度は新しく27名の先生方にエバンジェリストを委嘱し、第1回目の研修では、本市で活用している授業支援アプリ「ロイロノートスクール」の活用講習を行ないました。

 

0

中学校音楽・美術・技術・家庭科研修会①

今年度から新設した中学校音楽・美術・技術・家庭科研修会を開催しました。
この研修会は、校内での教科研修が困難な4教科について、5校の連携と情報共有の場としていただく事をねらいとして今年度から新しく開催しました。

 

中には、学校に臨任の先生お一人しかいない教科もあり、貴重な情報共有の場とする事ができました。

0

令和4年度の研修がスタートしました!

令和4年度が始まり、さっそく浦添市立研究所主催の教職員研修がスタートしました。

4/5養護教諭PC研修 4/5事務職員PC活用講座

4/6管理職PC活用講座

4/5(火)は小学校養護教諭向けに「校務支援システム」での保健管理機能の利活用についての研修を行ないました。今年度から新しく使うシステムのため、養護教諭の先生方には戸惑いの声も聞かれましたが、本格運用に向けて今後も支援を続けていきたいと思います。

また、4/5~7の3回に分けて、管理職・事務職員PC活用講座を行ない、主にメールシステムと市内小中学校の情報共有システムの利活用について研修を行ないました。この講座は、特に他市町村から新しく赴任した管理職・事務職員を対象に毎年開催しています。

また、4/18(月)には各学校からの希望者によるICT活用講座を開催しました。ICT活用委講座は、講師を浦添市ICT支援員が務め、参加者の要望に応じた研修を行ないます。

今回は8名の小中学校教諭が参加し、本市で活用している授業支援アプリ「ロイロノートスクール」の活用(初級編)を行ない、他市町村から新しく赴任した先生方から好評でした。

ICT支援員による浦添市立小中学校の校内研修への出前講座は随時受け付けております。ご活用ください。

令和4年度も先生方の研修と教育活動のサポートを行なっていきます。よろしくお願いいたします。

0

令和4年度 教育研究所事業説明会

市立小中学校16校の教頭先生にお集まりいただき、令和4年度の教育研究所事業説明会を行ないました。今年度の諸事業についての説明および質疑応答を行ないました。

 

令和4年度も教育研究所の諸事業への御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

0

令和4年度第1回浦添市初任者研修会

本年度新しく、本市の市立小中学校に採用された初任者の先生方を対象に第1回初任者研修会を開催しました。

教育長からの熱いメッセージが込められたあいさつに始まり、服務の宣誓、教育部長講話「浦添市の教育と新規採用教員に期待するもの」と続き、新任の先生方は採用の喜びとこれから始まる初任者としての教育活動に向けて気持ちを引き締めているようすでした。

 

後半は、元小学校長で現在、市内で幼稚園園長を務めるとともに浦添市の教育委員もなさっている銘苅健先生の講義及び演習を受講しました。内容は「遊びでつくろう 学級の絆~子どもとの出会い!初日でインパクトを~」ということで、最も大切な子ども達との出会いの場面である「学級びらき」を進める際のイメージやその時に使える簡単なレクなどを実際に体を動かしながら行ないました。新型コロナ感染症の予防への配慮が必要な中、銘苅先生には感染予防の配慮をしていただきながらの研修を行なっていただき、大変ありがとうございました。
 

0

長期研究員 所外研修④

第50期長期研究員の所外研修を行いました。

所外研修は、見識を広め、教員としての資質向上と豊かな教育活動の展開に寄与することをねらいとして、研究員自身が企画して行っています。
最終となる4回目は、中城バイオマス発電所とさんご養殖場(読谷村)の見学を行ないました。
研究員からは、産業面と自然面の違った角度からSDG'Sや環境教育について考えることができ、4月からの学校での教育活動に生かしていきたいとの感想が述べられました。

 
 

0

第50期長期研究員研究報告会・修了式

第50回長期研究員研究報告会・修了式を開催しました。

長期研究員の3名は、今年度4月から9月までの事前研修を経て、10月に入所してから約半年間に取り組んだ研究報告を、特別研究員の2名は、今年度1年間の自立支援教室「ひなた」および適応指導教室「いまあじ」での実践報告を行ないました。

 
 

それぞれが現在の教育課題に向き合った研究を実践を行い、その成果を現場に戻り還元していきます。
研究報告書へはこちらをクリック

また、引き続き行なわれた修了式では、田中浩三所長から1人1人に修了証が手渡され、浦添市教育長、那覇教育事務所長、所属学校長から、激励の言葉をいただきました。

 
研究員からのあいさつでは、研修の機会を得られたことへの喜びや感謝とともに1年間及び半年間の苦労話を交えながら、研修の成果とこれからの教育活動への新たな決意が述べられました。

5名の研究員のみなさん、お疲れ様でした。長期研究の成果を各学校で存分に発揮してがんばってください。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。
感染拡大防止の配慮のため、他校のエバンジェリストの参観は行なわず、
校内の先生方のみへの公開授業を行いました。

【港川小学校 名城智美教諭】3/7
5年 国語 「雪の夜明け」
  

すぐれた情景描写の中から自分のお気に入りの表現を選んでロイロノートでまとめ、「生徒間通信」機能を活用して、グループ内で交流を行いました。

【宮城小学校 長賀千乃教諭】3/10
6年 特活 「中学校へ、将来に向けて」
 

卒業を間近に控え、中学校生活に向けた期待と不安を共有し、今何ができるかを考える授業を行いました。事前アンケートと考えの共有場面でロイロノートを活用した実践でした。

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

第5回研究協力員会

第5回研究協力員会を開催しました。

最終となる今回は、4名の研究協力員の実践報告会を行ないました。

  

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

今年度の研究協力員5名の実践報告書およびプレゼン動画ができあがりましたら、本HPにて発信していきます。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について、中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。

0

第6回ICTエバンジェリスト研修会

第6回浦添市ICTエバンジェリスト研修会を開催しました。

前半は指導主事から1年のエバンジェリストの活動の振り返りを行い、
後半のグループ討議ではそれぞれの実践の紹介やそれに対する意見交換、
次年度に向けたGIGA端末等の効果的な活用等について、
活発な意見交換が行なわれました。

 

 

0

第2回教育研究所運営委員会

今年度2回目の教育研究所運営員会を開催しました。
運営委員のみなさんから今年度の評価と次年度の事業運営と改善についての意見や提言をいただきました。

 

今年度の事業を振り返り、いただいた提言をもとに次年度の事業を推進してきたいと思います。
運営委員のみなさま、ありがとうございました。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。
【神森中学校 宮城尚久教諭】
2年 美術「鑑賞 クリスティーナの世界」
  

絵画を鑑賞して感じたことをロイロノートを活用し、個人でシンキングツール(Xチャート)に分類する。分類した情報をグループで共有し、PMIシートに物語を構成しました。 

 

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

第3回情報教育主任研修会

第3回情報教育主任研修会を開催しました。
今回は3月に行なう「教育用コンピュータ利用状況調査」「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」についての確認や、いよいよ始まるGIGA端末の年次処理の方法の確認、活用実践事例の紹介などを行ないました。

  

GIGAスクール構想の推進に伴って、各学校の情報教育主任の業務の重要性がますます大きくなる中、主任の先生方には情報を共有しながら浦添市の情報教育の推進を支えていただいております。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。
感染拡大防止の配慮のため、他校のエバンジェリストの参観は行なわず、
校内の先生方のみへの公開授業を行いました。

【浦城小学校 後眞地祐太教諭】
3年 理科「明かりをつけよう」
          

「電気を流すもの」と「電気を流さないもの」を予想する場面や、実際に実験した結果を記録する場面でロイロノートを活用してまとめ、全体で共有しました。理科専科の先生とコラボして授業を作りあげた、実験は実物を活用し、予想や記録の場面でICTを活用した実践事例でした。 

 

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

研究協力員研究授業④⑤

教育研究所研究協力員による研究授業を行いました。

 【前田小学校 豊里友達教諭】2/9(水)
4年 総合的な学習「スクラッチでゲームを作ってみよう」
 

 

プログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」を活用して、プログラミングの基本的な処理(順次処理・反復処理、分岐処理)を使って簡単な動きをプログラミングしました。最終目標は簡単なゲーム的な要素を取り入れた動きを考えて自作のプログラムを制作する予定です。

【沢岻小学校 仲田篤史教諭】2/10(木)
3年 総合的な学習「スクラッチを使って正三角形を描いてみよう」
 

 

プログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」を活用して、算数で学習した図形(正三角形)を描く手順をフローチャート化し、実際にプログラミングしてみました。

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について実践研究をして頂き、その成果をまとめ、市立小学校へ実践資料を提供しています。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のための「オンライン学習を基軸とした授業」期間を終え、
1月31日から通常登校による授業が再開しましたが、
感染拡大防止の配慮のため、他校のエバンジェリストの参観は行なわず、
校内の先生方のみへの公開授業を行いました。

【牧港小学校 山城有司教諭】2/4
6年 算数「場合を順序よく整理して」
    

ロイロノートのシンキングツールを活用して、組み合わせが何通りあるのかを調べる活動を行いました。ICTを活用した活動の後、思考を深める活動を取り入れ、ICTの効果的な活用方法を試みた授業です。 

【前田小学校 石川肇教諭】2/4
特別支援 生活単元「ミニトマトの収穫をプログラミングしよう」
   

プログラミングソフトViscuit(ビスケット)を活用して、ミニトマトに実がなって収穫するまでのようすを題材にプログラミング的思考を育む授業を実践しました。低学年でも活用できるプログラミング教育の実践です。

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

第5回ICTエバンジェリスト研修会

第5回浦添市ICTエバンジェリスト研修会を開催しました。

今年度、これまでに15回の公開授業を行いましたが、その中から先生に先生から実践事例紹介を行なっていただきました。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発表者のみに研究所に集まっていただき、発表者以外はオンラインによる参加となりました。

今回発表していただいた実践事例は以下の4事例です。

・低学年におけるプログラミング教育(VISCUITの活用)の実践事例
・体育科におけるロイロノートを活用した作戦ボードの活用事例
・特別支援教育(自立活動)におけるロイロノートを活用した食育の実践事例
・理科における表計算アプリ(Numbers)の活用事例とロイロノートによる提出物管理

 

現在浦添市立小中学校では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「オンライン学習を基軸とした授業」を行なっていますが、通常授業再開後、3月までに実践した事例を本HPにて紹介していく予定です。

浦添市では、各学校で選ばれたICTエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

第4回研究協力員会

第4回研究協力員会を開催しました。

今回は、授業実践を行なった先生の実践報告および意見交換と、これから授業実践を行なう先生の実践内容について話し合いました。

 

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について、中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。

0

GIGAスクールサポーターによるプログラミング研修

浦添市立小中学校では、新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、1月11日から「オンライン学習を基軸とした授業」を進めています。

各学校でのオンライン学習の対応を進める中、GIGAスクールサポーターによる小学校プログラミング学習や中学校授業支援アプリ活用に関する校内研修も開催しています。

 
(写真は1/12当山小、1/13牧港小でのプログラミング研修のようすです。)

この研修会は、各小中学校で1~2月の間に計画して実施しています。

オンライン学習を進めながらも、さらに効果的なICT活用に向けて、日々研鑽に励んでいます。

0

研究協力員研究授業③

教育研究所研究協力員による研究授業を行いました。

 【浦添中学校 仲村竜太教諭】
1年 社会(歴史)「展開する天皇・貴族の政治」
  

 
本実践では、TeamsとPowerPointを使用して、学習した内容をまとめるプレゼンテーションを共同編集を行ないました。

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について実践研究をして頂き、その成果をまとめ、市立小学校へ実践資料を提供しています。

中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。

0

長期研究員 所外研修③

第50期長期研究員の所外研修を行いました。

所外研修は、見識を広め、教員としての資質向上と豊かな教育活動の展開に寄与することをねらいとして、
研究員自身が企画して行っており、3回目の今回は、読谷村のユンタンザミュージアムと座喜味城跡の見学を行ないました。

  

0

長期研究員 検証授業③

長期研究員の検証授業の第3回目を行ないました。

10月に入所した第50期長期研究員にとって、これまでに研究してきた内容を実践し、検証する大事な授業となります。

第3回目は、仲西中学校 村上紀彦教諭による、『自ら「問い」をもち、課題を追求する生徒の育成-「社会的な見方・考え方」を働かせる歴史学習指導の工夫-」の検証です。

本時では、見方・考え方を確認するシートを活用して、これまで学習した成果を元に、根拠を持って説明する授業実践を行ないました。

 

 

0

長期研究員 検証授業②

長期研究員の検証授業(保育)の第2回目を行ないました。

10月に入所した第50期長期研究員にとって、これまでに研究してきた内容を実践し、検証する大事な授業となります。

第2回目は、浦添こども園 大城さやか教諭による、「友達と関わりを深め、協同して遊びを楽しむ子どもの育成-互いにつながる環境構成と援助の工夫-」の検証です。

本時では、友達と一緒に思いや考えを出し合いながら、協同制作でおうち作りを楽しむ実践を行ないました。

  

 

0

長期研究員 検証授業①

長期研究員の検証授業の第1回目を行ないました。

10月に入所した第50期長期研究員にとって、これまでに研究してきた内容を実践し、検証する大事な授業となります。

第1回目は、宮城小学校 上原和日子教諭による、「考えを形成し表現する児童の育成-『書くこと』における協働的な学習を通して-」の検証です。本時では、それぞれが根拠を明らかにして書いた意見文について、お互いに推敲する協働活動の授業実践を行ないました。
     

0

特別活動主任研修会

特別活動主任研修会を開催しました。 

特別活動主任が一同に介するのは、今年度初めてとなる研修会でしたが、
市内16校全校から、特別活動主任または児童会・生徒会担当教諭が集まりました。

研修内容は、
担当指導主事からの説明
仲西小学校石川博久校長先生による実践事例を交えた講話
グループ討議(情報共有および課題解決)を行ないました。

     

石川校長先生による実践的なお話しを伺ったり、
各校が抱える課題を共有したりし、有意義な研修会となりました。

0

エバンジェリスト公開授業

第13~15回浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。

【沢岻小学校 知念誠教諭】12/9
5年 理科「物のとけ方」
  
TeamsとExcelを活用して実験結果を共有し、表やグラフにすることで、データの活用力と考察する力を身につけることをねらいとした授業です。

【沢岻小学校 比嘉良樹教諭】12/14
6年 特支(肢体) 国語「情報と情報をつなげて伝えるとき」
  
iPadやロイロノートを活用することにより、書くことの苦手な児童の負担を減らしつつ学習内容を充実させることをねらいとした実践を行ないました。

【浦添小学校 野原彩綾教諭】12/15
4年 特別活動特別活動:「ピカピカそうじ大作戦」
  
清掃の大切さに気づき,取り組んでいきたいことを意思決定する際、ロイロノートで情報共有し,今後の清掃活動に生かす授業を実践しました。

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

研究協力員研究授業②

教育研究所研究協力員による研究授業を行いました。

 【浦添小学校 伊良波長一郎教諭】
2年 学級活動「毎日のほうかごのすごし方を考えよう」
  

        
やることカードを並べて、放課後の過ごし方のフローチャートの作成を通して、プログラミング的な思考を体験しました。

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について実践研究をして頂き、その成果をまとめ、市立小学校へ実践資料を提供しています。

中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。

0

研究協力員研究授業①

教育研究所研究協力員による研究授業を行いました。

 【神森中学校 南武志教諭】
2年 理科「電気の世界」
    
iPad標準装備の表計算ソフトNumbersを活用して、実験データから近似値を通るグラフにまとめる作業を行いました。また、各自の考察等の共有にはロイロノートを活用しました。

浦添市では、協働型・双方向型の授業革新の推進に向けたICT機器活用による新たな学びを目指し、研究協力員に授業実践を行なっていただいています。

小学校においては令和2年度より必修化されたプログラミング教育について実践研究をして頂き、その成果をまとめ、市立小学校へ実践資料を提供しています。

中学校においては大型提示装置やiPad等を効果的に活用した学力向上に繋がる実践研究を更に深め、その成果をまとめ、市立中学校へ実践資料を提供しています。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

第9~12回浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。

【宮城小学校 崎村祐太教諭】11/24
4年 国語「オリジナル『慣用句 例文』を作り、発表しよう」
  
自作の慣用句についてわかりやすく説明する例文作り、ロイロノートを使ってそれぞれの書いたものを共有しました。

【宮城小学校 川村和幸教諭】12/3
3年 算数「三角形」
  
折り紙を折りながら正三角形の作り方を考える活動を動画に撮影して、撮影した動画に描き込みながら思考を深めました。

【当山小学校 大城康一教諭】12/3
3年 体育「プレルボール」
 
作戦カードをチームでの作戦タイムに活用しました。作戦カードはkeynoteで作成したものをロイロノートで配布しています。

【浦添中学校 嶺井政仁教諭】12/6
1年 理科「身のまわりの現象」
 

音の伝達の実験を動画に撮影して観察したり、各グループの考察をロイロノートで共有しています。

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

長期研究員 所外研修②

第50期長期研究員の所外研修を行いました。

所外研修は、見識を広め、教員としての資質向上と豊かな教育活動の展開に寄与することをねらいとして、
研究員自身が企画して行っており、今回が2回目になります。

午前中は、南風原町立南風原文化センターを訪れ、資料館および陸軍病院壕跡の見学を行いました。午後は、「児童心理治療施設ノアーズガーデン」および施設併設の「糸満市立米須小学校・三和中学校大度分校」の授業参観と施設見学を行いました。

  

  

研究員にとって、今後の平和教育の在り方や様々な課題を抱える児童生徒理解について見つめ直す機会となった研修でした。

0

ICTエバンジェリスト公開授業

第7回・第8回浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。

【港川小学校 下地勝大教諭】11/5
3年 特別活動「学級旗に書く言葉を決めよう」
 
学級会活動の中で、ロイロノートを使ったアンケート結果やそれぞれの意見を共有しました。

【浦城小学校 城間さやか教諭】11/19
1年 算数「かたちづくり」
 
ペアで図形を移動するようすを動画に撮影して、ロイロノートで全体共有しました。
1年生でも、動画撮影やデータの提出を慣れた手つきで行えていました。

浦添市では、各学校で選ばれたエバンジェリストの先生たちが、それぞれ工夫を凝らした活用事例を提供して、校内外で共有を図っています。

0

長期研究員 中間報告会

第50期長期研究員の中間報告会を行いました。

研究員は、10月のテーマ検討会での助言を受けて、テーマ設定や研究仮説を見直し、それぞれの実践に向けた研究内容を報告しました。

  

学校教育課の各指導主事から助言を受け、いよいよ授業実践に向けた準備に入ります。

0

基礎講座(教育相談・生徒指導)

第50期長期研究員の基礎講座「教育相談・適応指導教室について」「生徒指導・自立支援教室について」を行いました。

浦添市教育委員会こども青少年課の適応指導教室「いまあじ」および自立支援教室「ひなた」を訪問し、それぞれを担当している特別研究員から施設概要や現状の説明を受け、施設見学を行いました。

   

0

ICTエバンジェリスト研修会

(株)ロイロより講師を迎えて、ICTエバンジェリスト研修会を行いました。

今回はロイロノート中級編として、アンケート機能やシンキングツールを活用した事例紹介や実習を行いました。

 

エバンジェリストの先生方には、各学校に持ち帰っていただき、それぞれが工夫をした授業実践を公開して、多くの先生方に共有していくことをねらいとしています。

0

長期研究員 所外研修①

第50期長期研究員の所外研修を行いました。

所外研修は、長い研修期間中に研究主題外の研修に積極的に参加し、見識を広め、
教員としての資質向上と豊かな教育活動の展開に寄与することをねらいとして、
研究員自身が企画して行います。

今回は、JICA沖縄国際センターを訪問し、
国際理解教育やSDG’sに関するワークショップや施設見学を行いました。

   

各自の研究テーマに関する研究だけでなく、
さまざまな研修の機会を得て、
日々、教職員としての視野を広げています。

 

0

第2回浦添市初任者研修会

第2回浦添市初任者研修会を開催しました。
今回の研修内容は「浦添の歴史と文化をたずねて」。
元浦添市立小学校長の銘苅健氏(みのり幼稚園園長・浦添市教育委員)を講師にお迎えして、
浦添城跡等の史跡巡りを行いました。

巡回中に天候が崩れたため、後半は急遽、研究所に戻り、講義形式で浦添市の歴史を学びました。

   

浦添市のこれからを担っていく子どもたちの教育に携わる者として、
初任者の先生方は浦添市の文化と歴史についての研鑽を深める研修となりました。

0

長期研究員テーマ検討会

第50期長期研究員のテーマ検討会を行いました。

検討会には、学校教育課指導監を始めとする指導主事全員が参加し、研究員のテーマ設定理由および研究の目的、研究仮説等について、厳しくもあたたかい助言をいただきました。

   

いただいた助言をもとに、研究員のみなさんはさっそく、各自のテーマの見直しと研究内容の取り組みに日々励んでいます。次の検討会は11月17日(水)の中間検討会です。

 

0

研究協力員会

第2回研究協力員会を開催しました。
ICTを活用した授業およびプログラミング教育の実践研究を行い、その成果を市内小中学校に共有することを目的に、小中学校から5名の先生方に研究協力員として協力していただいています。

今後、11~12月に授業実践を行い、1~2月に報告会を行い、実践報告は本ホームページで共有していく予定です。

 

0

ICT活用講座

ICT活用講座を行いました。
この講座は、本市教職員のICT機器活用能力を高め、「主体的・対話的で深い学び」の構築や指導力の向上を図ることを目的に、希望者を対象に4月と10月に開催しています。

今回は9月から本市に赴任したためロイロノートをはじめて活用する先生からの要請を受け、ICT支援員が勤務校に出向いて研修を行いました。

この研修以外にも、各学校からの要請にお答えする出前講座など、
柔軟に対応しておりますので、ご活用ください。

0

長期研究員 所内テーマ検討会

10/5(火)の入所式を終え、長期研究員はそれぞれの課題に向けた研究を開始しています。

10/20(水)の研究テーマ検討会に向けて、所内での検討会を行いました。
各自が設定した研究テーマやテーマ設定の理由などについて、
所長および指導主事とディスカッションを行いながら、研究内容を明確化させていきます。

入所式を終えてわずか2日目ですが、充実した研究所生活をスタートさせています。

0

令和3年度 第50期長期教育研究員入所式

令和3年度 第50期長期教育研究員の入所式を行いました。
感染予防対策のため、参加人数を制限し、内容を少し簡略化しての開催となりましたが、5名の研究員は緊張の中にも力強く研究に向けた思いを語っていました。参加していただいた来賓の皆様、研究に送り出していただいた所属長の皆様、ありがとうございました。

↓教育研究員紹介
 

↓大城研究員・上原研究員・村上研究員
  

↓島仲特別研究員・金城特別研究員
 

第50期長期研究員(研究期間:令和3年10月1日~令和4年3月31日)

氏名

研究主題
ー研究副主題ー

大城 さやか
(浦添こども園)

互いに関わりを深め遊びや活動を楽しめる幼児の育成
ー協同して遊ぶ場面を通してー

上原 和日子
(宮城小学校)

筋道を立てて自分の考えを記述できる児童の育成
ー説明的文章における考えの形成の学習を通してー

村上 紀彦
(仲西中学校)
社会的な見方・考え方を働かせ、課題解決に取り組む生徒の育成
ー歴史的分野における問題解決的な学習の工夫を通してー
島仲 寬貴
(仲西小学校)
※特別教育研究員
自立して社会で生きていくための基礎を育てる工夫
ー教育支援センター等を活用した体験活動の実践を通してー
金城 知香
(浦添中学校)
※特別教育研究員

心身の安心を保ち自己肯定感を高める児童生徒の育成
ー個々の発達に沿った身体作りの実践を通してー

(研究主題は10/5現在構想中のものです。今後、検討会を重ねて変更していくことがあります。) 

 

0

ICTエバンジェリスト公開授業

第5回・第6回浦添市ICTエバンジェリスト公開授業を行いました。今回の公開授業は、新型コロナウイルス感染緊急事態宣言の発令中のため、他校からの参観は行わず、校内の先生方のみの参観となりました。

【神森小学校 渡口政尚教諭】 特別支援学級 自立活動

「食事のバランスについて考えよう」

 
給食調理場の栄養士とのTTによる、バランスの取れた食事メニューを考える授業です。

 

それぞれが考えたバランスが取れた食事メニューをロイロノートで共有しています。
「食育」にICTを活用した授業を提案してくださいました。


【浦城小学校 下地智徳 教諭】 6年生 社会科

「元との戦い」

   
ロイロノートで配布した資料に児童が考えを書き込みます。

 
クラスルームを活用することで、編集中の児童の画面をリアルタイムで共有します。
「提出」する前の画面を共有することで、作業時間の効率化を図っています。


校内の先生方も多く参観してくれています。

お二人とも、エバンジェリストとして、新しいICT活用方法の先生方への提案を行ってくださっています。

 

0

中学校国語研修会

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言発令中ですが、中学校国語研修会をオンラインで開催しました。琉球大学教育学部の上江洲朝男教授を講師に、今年度から完全実施となった新しい学習指導要領に沿った国語科の授業づくりや学習評価について、ブレイクアウトルームを利用したグループ討議なども織り交ぜながら、実例を交えた研修を行いました。

  

各学校ではオンライン授業を基軸とした学校再開に向けた取り組みで多忙な中でしたが、多くの国語科の先生方に参加していただきました。

 

0

オンライン授業その4

浦添市内の小中学校では現在、新型コロナウイルス感染状況を鑑みて、オンライン授業を基軸とした学校再開に向けて各学校で取り組んでおりますが、一部の中学校では「分散登校」と「オンライン授業」を組み合わせた形での授業をスタートしています。

【浦添中学校】

 

 

↓2教室をつないで授業中。発表している生徒(左写真)のようすを別教室(右写真)で視聴しています。
 

0

オンライン授業その3

浦添市立各小中学校では、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、9月6日からオンライン授業を基軸とした学校再開を行っております。

【牧港小学校】
↓画面越しですが久しぶりに会う友だちに手を振って喜んでいます。
 

↓こちらの学級では受け入れ児童とオンライン参加の児童が同時に授業を受けています。
 

【港川中学校】
↓生徒の表情は大画面で確認しながら授業を進めます。
 

0

オンライン授業その2

各学校のオンライン授業のようすです。(撮影9/2)

【浦添小学校】
6月の臨時休校時もオンライン授業を行っているのでスムーズに授業ができています。
 

【仲西小学校】
初めてのオンライン授業中です。

 

【浦城小学校】
運動会に向けたエイサー練習や自宅で書いた書道の提出のようす
 

理科や音楽の授業は5クラス同時配信を行っています
 

【当山小学校】
この日の授業は残念ながら終了していました。家庭学習や授業のまとめを提出しています。
 

【前田小学校】
学年チームで配信中。預かりの児童も密を避けながら授業を受けます
 

【浦西中学校】
中学校では、教科毎にチームで配信しています。
 

【浦添中学校】
ある道具を使って工夫しています。
 

0